意外に知らない大相撲の報奨金について

土俵

年に6回行われる大相撲の本場所が始まると、横綱や大関の白星黒星が気になる毎日です。ところで、大相撲のお相撲さんはどこからお給料をもらっているのでしょうか。テレビに映ったらもらえるものなのか、相撲部屋からもらうのか調べてみました。

力士のお給料は日本相撲協会から支給されます。ただ、十両以上ということなので、月給という形でもらえる力士は10人に1人しかいません。もちろん、番付によって額が違います。横綱で月額約280万円、大関で約230万円と言われています。十両で約100万円なのですが、それ以下では給料はありません。

他に、取り組みの前に旗を持った人たちが土俵を一周する「懸賞金」があります。これは、その取り組みに勝った力士にお祝い金をあげる、という制度です。人気のある力士や応援したい取り組みの場合には何件も申し込みがあり、現在では1回の取り組みにつき60本まで受け付けています。約半額の3万円が白星を挙げた力士に渡されます。

最後にあまり知られていないのが報奨金です。これは本場所で白星をあげると加算、もちろん番付によって基本給が決まっているものです。例えば白鳳関は現在約1600円なのですが、これを4000倍した金額が引退まで支給されます。勝てば勝つほど加算されるので、力士の能力給ともいえるでしょう。